外貨預金とFXの大きな違いのひとつに、FXには「レバレッジ」を使った運用ができる点が挙げられます。
レバレッジを活用することで、投資資金を超える運用が行えるようになりますので、資金効率を高めることができます。
たとえば、ドル円を低レバレッジ(3倍程度)で運用すれば、年換算5%以上のスワップポイントをおトクに手に入れることできるようになります。
(2020年1月現在)

※レバレッジを高めるほど取引にかかるリターンは大きくなる可能性がありますが、同時にリスクも大きくなります。

少ない資金で大きく取引

FXでは、預けた資金の何倍もの金額で取引することができます。これを「てこ」の原理になぞらえて「レバレッジ」と呼んでいます。外貨預金は「レバレッジ」をかけることができませんので、FXならではの大きな特徴であるといえます。

少ない資金で大きく取引

FXでは、預けた資金の何倍もの金額で取引することができます。これを「てこ」の原理になぞらえて「レバレッジ」と呼んでいます。外貨預金は「レバレッジ」をかけることができませんので、FXならではの大きな特徴であるといえます。

レバレッジの計算方法

自分が今レバレッジ何倍で取引をしているかを把握するのはリスク管理する上でとても重要です。

レバレッジの計算式は以下のとおりです。
取引額÷資金=レバレッジ

一般的にレバレッジを高くすればするほど、リスクも高くなるので、レバレッジのコントロールには充分注意しましょう。

レバレッジの計算方法

自分が今レバレッジ何倍で取引をしているかを把握するのはリスク管理する上でとても重要です。

レバレッジの計算式は以下のとおりです。
取引額÷資金=レバレッジ

一般的にレバレッジを高くすればするほど、リスクも高くなるので、レバレッジのコントロールには充分注意しましょう。

レバレッジがもたらす効果

レバレッジをかけることにより、少ない資金でも効率的にリターンを狙うことができます。
例えば1ドル100円の時にレバレッジ1倍で10万円を運用した場合、ドル円取引で1年間にもらえるスワップポイントは1,781円ですが、レバレッジ3倍で運用するとスワップポイントは5,343円と3倍に増えます。※

また、1円動いて1ドル101円になった場合の決済損益は、レバレッジ1倍の場合は1,000円しか利益になりませんが、レバレッジ3倍だと3,000円の利益になります。ただし、1円下がった場合も同額の損失が発生しますのでご注意ください。

※スワップポイントは「パートナーズFXnano 」の2019年10月~12の米ドル円の付与額の平均から算出しています。実際の付与額を保証するものではありません。

最適なレバレッジは?

レバレッジを何倍程度にすればよいのか?といった疑問をよく耳にします。
ここではレバレッジを検討するにあたり、シンプルでカンタンな考え方をご紹介します。
それは、投資する通貨ペアの将来の下落予測をもとにレバレッジを決める方法です。

たとえば、ドル円が現在1ドル=100円だとして、
 50円まで下落する可能性があると考える(下落幅は50%)・・・レバレッジ2倍で運用
 67円まで下落する可能性があると考える(下落幅は33%)・・・レバレッジ3倍で運用
 75円まで下落する可能性があると考える(下落幅は25%)・・・レバレッジ4倍で運用
といったレバレッジの選択方法がおすすめです。

※上記の例において、下落予測レートとロスカットラインは異なるため、実際の運用時には必要資金の10%程度ゆとりをもたせた資金で投資することをおすすめします。ロスカットの詳細についてはこちらをご確認ください。

ドルコスト平均法でリスクを軽減

また、1回で100万円分の取引を行うと価格が安くなるリスクを分散できずに思わぬ損失を被ってしまう場合がありますが、例えば毎月20万円分を5回に分けて買った場合、その期間の平均的な価格で取引することができるので結果的に平均購入価格を抑えることができます。
マネパのFXなら、100通貨単位からお取引できるため、ドルコスト平均法をつかった取引にも最適です。

※値動きによっては1米ドルあたりコストが100円を上回る可能性がありますのでご注意ください。

マネパなら100通貨からお取引できます!

「パートナーズFXnano」なら100通貨単位からお取引いただけるので、レバレッジ4倍で積み立てる場合、毎月2,500円から積み立てることが可能です。(1米ドル=100円の場合、100通貨×100円÷4倍=2,500円)

この機会に「パートナーズFXnano」で毎月積立を実施してみてはいかがでしょうか?

さらに、例えば12ヶ月後に米ドル円が5円値上がりすれば6,000円(30,000円×4倍×5円÷100円)の評価益を得ることもできます。

当キャンペーンもお申込みいただくと自動的にお客様のnano口座に1,000円が入金されます。
キャンペーン期間中に「パートナーズFXnano」で1回以上のお取引をもって1,000円付与が確定いたしますのでご留意ください。

※キャンペーン期間中に「パートナーズFXnano」でお取引をいただけなかった場合、ご入金させていただいた1,000円はキャンペーン終了後に取消させていただきます。

キャンペーンの詳細は、こちらよりご確認ください。

現受けサービスのご利用には、FX口座およびFX取引が必要です。口座開設・取引開始の際はFX取引のリスクについて確認・理解の上、お申込み・お取引ください。
20歳未満、および70歳以上の方はFX口座をお申込みいただけません。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoでレバレッジをかけた運用を行う場合、ロスカットとなる場合があります。
パートナーズFXでレバレッジをかけた運用を行う場合、レートの変動により追加証拠金が必要となる場合があります。
FXでレバレッジをかけ、少ない元手で大きなお金を動かせば、利益も大きくなりますが、逆に受ける損失も大きくなります。例えば5倍のレバレッジで運用を行う場合、レート変動時の損益額がレバレッジ1倍と比較して5倍となります。

【FX口座申込について】
FX口座の申込は、20歳未満または70歳以上の方はお申込いただけません。
FX口座開設には審査があります。お申込み内容によっては、口座開設をお受けできない場合がございます。何卒、ご了承ください。

【FX 取引(外国為替証拠金取引)に関するご注意】
パートナーズFX、パートナーズFXnano は、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。取引手数料は無料です。ただしパートナーズFX およびパートナーズFXnano の受渡取引に限り、1 通貨単位あたり0.10 円の手数料をいただきます。
パートナーズFX およびパートナーズFXnano の取引に必要な証拠金は、取引の額の4% 以上の額で、証拠金の約25 倍までの取引が可能です。法人コースの証拠金は、為替リスクを想定し通貨ペアごとに当社が定める額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうちいずれか大きい額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117 条第27項第1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。